SANC髪の病院では永遠に美しい髪でお客様を演出すると共に、
もうひとつ大切なことがあります

それは「健康」です。私たちの周りには健康を絶えず脅かすものの存在が多くなりました。
もちろん美容室にも健康を脅かすものがたくさんあります。
今の時代は、美容室でも早く、安く、簡単を追求するところがほとんどです。
その結果・・・・

原因

経皮毒

これをタップリ含んだシャンプー剤・トリートメント剤・パーマ剤・カラー剤の使用されているのが現実です。

Clinic Cut

毛先の損傷を最大限に抑える新しいクリニックメニュー

昨今の業界ではカラーやパーマを多用し、ダメージ毛が深刻な状況となっています。

トリートメントメニューは、今や定番のメニューとなっています。
そもそも損傷の原因とは、毛髪内部のタンパク質(間充物質)の流出によるもの。

そして、その流出によって生じた隙間に間充物質を埋め込むことがトリートメントの目的です。

しかし、トリートメントにより補修された毛髪も、時間の経過と共に毛先から損傷し始めます。

これはカットされた毛先の断面から、埋め込まれた間充物質が再び流出していくためです。

トリートメント効果を求めるのであれば、この毛先からの流出を防ぐ対策が必要となります。

そこで髪先にフタをすることを考えます。


しかしカットされた毛先の切断面にフタをすることは、通常のハサミでは不可能です。

しかし加熱されたハサミであれば、切断面のタンパク質を瞬時に凝固し、毛先にフタをすることが可能となります。

これにより毛先からの間充物質の流出を防ぐことができ、枝毛、切れ毛の防止、良好な髪質維持ができるのです。
SANCでは、機械式ハサミに180℃の熱を流して髪先を焼き切るクリニックカットメニューをご用意しております。是非ともお試しください。

return top