髪の病院 SANC-サンクヘアー

Clinic Cut

毛先の損傷を最大限に抑える新しいクリニックメニュー

昨今の業界ではカラーやパーマを多用し、ダメージ毛が深刻な状況となっています。トリートメントメニューは、今や定番のメニューとなっています。
そもそも損傷の原因とは、毛髪内部のタンパク質(間充物質)の流出によるもの。そして、その流出によって生じた隙間に間充物質を埋め込むことがトリートメントの目的です。
しかし、トリートメントにより補修された毛髪も、時間の経過と共に毛先から損傷し始めます。 これはカットされた毛先の断面から、埋め込まれた間充物質が再び流出していくためです。トリートメント効果を求めるのであれば、この毛先からの流出を防ぐ対策が必要となります。

そこで髪先にフタをすることを考えます。しかしカットされた毛先の切断面にフタをすることは、通常のハサミでは不可能です。しかし加熱されたハサミであれば、切断面のタンパク質を瞬時に凝固し、毛先にフタをすることが可能となります。これにより毛先からの間充物質の流出を防ぐことができ、枝毛、切れ毛の防止、良好な髪質維持ができるのです。
SANCでは、機械式ハサミに180℃の熱を流して髪先を焼き切るクリニックカットメニューをご用意しております。是非ともお試しください。

枝毛の写真

レスピレーターレスピレーター

宝石髪へのトリートメント宝石髪へのトリートメント

枝毛を防ぐクリニックカット枝毛を防ぐクリニックカット

レスピレーターレスピレーター

髪の病院SANC 神戸

髪の病院SANC TOP髪の病院SANC TOP
コンセプトコンセプト
大切なお客様へ大切なお客様へ
髪の病院SANCのサロン案内髪の病院SANCのサロン案内
料金料金
店舗詳細店舗詳細
問い合わせ問い合わせ

髪の病院SANCのブログ髪の病院SANCのブログ

SANC(サンク)シャンプーSANC(サンク)シャンプー

髪の病院SANC銀座店案内